退職代行は甘え? 仕事がつらくなったら業者に頼っていい?

退職をしたいけど、なかなかその旨を会社に入らせない人も少なくありません。

退職を伝えるのが怖い

なぜ言い出すことができないかと言えば、それを伝えることが怖いからです。その原因の1つが、退職をしたいと述べると、脅迫してくる上司がいるからです。それほど多いわけではありませんが、会社によっては脅迫めいたことをするところがあります。

土方・建設業・営業はあらっぽい

中には、暴力を振るうようなところも少なくありません。特に、土方関係や建設業、営業などは等は荒っぽい人が多いためそのようなことを経験した人も少なからずいるはずです。

かといって、ホワイトカラーの仕事が退職しやすいとは限りません。何故かと言えば、今やめられると困るので時期が車で待ってほしいなどと言葉巧みに延期させられてしまいには退職できない時期まで追い込まれてしまいます。

退職は甘えじゃない

日本では、退職することを甘えと考える傾向が少なくありません。仕事が辛くなったら、辞めたいと考える人が多いのが事実です。ですが、最近は自分に向いていなければやめた方が良いと考える人も多くなりました。

やはり世の中自分の能力に合った仕事や自分の才能を大いに発揮できるような仕事に就いた方が良いに決まっています。そのほうが、会社のために参ります世の中のためにもなることを知っておくべきでしょう。

自分で言い出せない場合には

自分で言い出すことができない場合には、泣き寝入りすれば良いかと言えばそのような事はありません。そこで、退職代行を使うと良いでしょう。退職代行とは、業者が代わりに退職届を出してくれることです。

これにより、本人が会社に行かなくても会社を辞めることができます。この退職代行を使う場合には、よほど会社が辞めにくい場合に限るでしょう。パワハラやモラハラなどが考えられたり、実際に退職しようとした人が強引に止められて会社の中で悪い雰囲気を作り出してしまう前例があった場合には退職代行業者に依頼するのが1番です。

このようなところに依頼しても決して問題はありませんし、会社にこいと言われても特に行かなくても良いので安心です。

タイトルとURLをコピーしました