退職代行は怖くない? 会社に置いてきた荷物も送ってもらえる

会社勤めをしてみたものの、途中で退職したくなるようなことがあります。退職して転職をする傾向が多いですが、会社内にいるとなかなか言い出せないことも少なくありません。ただ、実際には20代から30代の人の半分以上は一度以上転職していることがわかります。すべての会社員を合わせると、全体の80パーセントは退職するまでに一度転職している計算です。そうだとすれば、退職することを言い出すのを恐れてはいけません。

 

退職代行は怖い?

しかしそれとは別に、なかなか退職をすることを言い出せないこともあるでしょう。例えば、上司が脅迫まがいのことをしてくる場合です。確かに、会社側としては社員の都合で勝手に仕事を退職されてはかなわないこともあります。せっかくプロジェクトがうまくいっているのに、そこの責任者や重要人物が勝手に退職してしまうと、会社の売り上げに響いてしまうからです。そのような気持ちもわかります。だからと言って、自由に会社を辞めることができないとしたらかなり苦痛でしかありません。そんな中で仕事を続けていても、良い仕事ができないだけでなくお客さんにクレームが出てしまいます。そして本人自身も、憂鬱な気持で奴隷のように働かなければならないのはつらいものです。つまり、ある特定の人が退職することを決心した以上は、だれも引き留めて得をすることはないといえます。

 

威圧してくる上司に効果的

それにもかかわらず、威圧してくるような怖い上司もいますがそのようなときには退職代行に依頼するのがよいです。本人の代わりに、代行業者が退職の電話などをしてくれますので、決して本人が絡む断りません。それだけでなく、会社に置いてきた必要な書類や私物なども退職業者に任せればすべて自宅に送ってもらうことも可能です。

 

法的にも認められている

もちろん法律的に認められている内容ですので、特にちゅうちょする必要はないです。このように考えれば、自由に会社を辞めることができるため新しい職場も見つけやすいです。また、やめることに対しておびえたり恐れたりすることもなくなるため精神的にもかなり楽でしょう。

タイトルとURLをコピーしました