退職代行を使う人はクズ?使う人にとっては心強い味方になる

就職をして企業で活躍をする方も居れば、中々職場に馴染めずに退職を選ぶ方も居るでしょう。元来の退職の形は本人が退職する意思を人事部か上司に伝えてから、互いに意思疎通をして円満に退職をするスタイルが主流でした。企業側からの早期退職やリストラ等の場合は、基本的には退職金を上乗せしたりと好条件で退職できる訳ですが、会社員自身が退職を願う場合は、中々条件も厳しいですし、法律的な問題も出てきます。企業を退職したいという事は、精神的にも弱っている可能性が高く問題を解決しながら自力で退職するのが難しい方も居ますが、そんな時に役立つのが退職代行です。

 

退職代行業者はクズと呼ばれることもある

退職代行は世間的にはクズだの何だのと言われる事もありますが、本当に企業を辞めたいのならば、非常に心強い存在となってくれます。実際問題退職したい理由の一つに上司の事が嫌だからという方も多いので、その嫌な人に退職届を持っていくのは勇気が要りますし、その場で更に傷つけられる言葉を投げつけられてしまうリスクも考えられるでしょう。また職場環境が悪い企業は慢性的な人手不足になっている可能性も高く、色々言われて退職する事を先延ばしにされたりと不当な扱いを受ける可能性もあります。

自分自身がクズと呼ばれる場合もある

自分自身でやらないとクズ扱いされてしまったり、何事もダメな様な風潮がありますが、本人じゃないからこそ揉めずにスムーズに物事が進む事もあるので、今すぐ人生をチェンジしたかったり、違う仕事にチャレンジしたい時は、意識の変革が必要です。退職代行は会社への連絡から退職届の渡し方や企業からの貸与品の返却についても的確なアドバイスを貰えますので、基本的には企業側と接触せずに退職を実現する事が可能です。

日本は終身雇用制が長年続いたので気軽に職場をチェンジしていくスタイルはまだまだ馴染みにくいかもしれませんが、日本政府自体が労働者の流動性を高める為の政策を打ち出していますし、働き方改革等で日本人の働き方は大きく変わっていきますから、その一環として退職代行の必要性も増していくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました