退職代行は意味ない? 業者の介入がトラブルの元になることもある

会社に勤めていても、人間関係や仕事に関しての不満、給料に対しての不満など人によってさまざまな悩みから退職をしたいと思う方もいるでしょう。ですが、退職したくても上司から引き留められてしまうケースや今まで関わっていた同僚や部下など人間関係のつながりがあるためなかなか辞められないというケースも少なくありません。

そのような場合には、退職代行などを利用してみるという方法もあります。退職代行を利用することで、自分に代わって退職の意思を伝えてくれるため、退職の意思を示すのが難しい、言いだしにくいなどの場合に利用する方もいます。

 

退職代行を使ったからといってスムーズに辞められるわけではない

ただし、この退職代行も100%スムーズに辞められるということではなく、状況によっては退職に失敗するケースもあるため意味ないということもあります。

理由としては、退職の通知などが不適切な場合には、その後トラブルとなる可能性が高まります。基本的に、社員として働いているという場合には、会社との雇用契約というものを結んでいることになります。

損害賠償を請求されるケースも

このため、法令にもとづいた適切な退職通知を行わずに仕事を辞めると入社した際に結んだ雇用契約を解約することができず、債務不履行になる場合があり状況によっては損害賠償責任を負う可能性などもでてきます。

ただし、会社からの損害賠償を請求されるというのはあまり多くはありません。理由としては、一人が会社を辞めたからといって会社側に対しての損害がそれほど多くなく少額である場合には、請求してくることがほとんどないためです。

重要なプロジェクトの場合にはトラブルになることもある

しかし、社員によっては重要なプロジェクトなどをまかされているなどの場合には、引継ぎなどを行わないと、大きな損害を会社側に与えてしまうケースなどでは、損害賠償を請求してくるリスクなども高まるため注意も必要です。

このような点からも、安易に退職代行を利用するというのは、リスクなどもでてくるためよく考えてから利用するか判断してみることが大切だといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました