退職代行を使った人の体験談

会社をなかなかやめることができない事例は、それほど少なくありません。会社を辞めることができない理由は様々ありますが、そのうちの一つはプロジェクトに参加してしまっている場合です。

退職代行を使った人の体験談①

あるいは、やりかけの仕事がある場合になります。キリが良いところでやめるならばそれほど引き留める人はいませんが、途中で辞めるとなるとまだやめないでほしいだろうといわれてしまい、結果的にそこに残ることになります。中には、「あなたがやめることで多くの人に迷惑がいってしまう」などと上司にはれるとなかなか退職することができなくなりますので、注意が必要です。

退職代行を使った人の体験談②

そもそも勘違いしてほしくないのは、会社と呼ばれるところはある程度自由に止めても組織が成り立っていることでしょう。組織があることにより、例えば社長はいきなり翌日から来なくなったとしても会社は動くようにできています。それならば、社長ではない人が翌日から来なくなったとしても仕事がストップするわけではないことを理解しておく必要があります。その調整を行うのは上司の責任であり、それだけ上司は高いお金をもらっているわけです。ですので、やめたい時は遠慮せずにやめた方がよいでしょう。

退職代行を使った人の体験談③

とはいえ、多くの人からすればそれは単なる理想論といわれてしまう可能性も少なくありません。実際に頭でわかっていても、なかなか行動することは難しいものです。例えば、上司がやくざのような人の場合、辞めるといったとたんに怒りだすかもしれません。また、あと3カ月したら辞めてもよいと言っておきながら、3カ月経過すると新しい仕事が入ったので参加してほしいなどと言われ、結局先延ばしされることもあるでしょう。さらには、上司に止める旨報告したのに、その上司がさらにその上の上司に報告していないなどの問題もあり、気がついたときには全く自分がやめられない状態に陥っていることもあります。

退職代行を使った人の体験談まとめ

このような時は素直に退職代行を利用しましょう。使った人との口コミで評判などを見れば、その価値の高さがよくわかるはずです。

タイトルとURLをコピーしました